上場祝いの祝電|電報の送り方やメッセージの文例を解説

上場祝いの祝電について

お祝いメッセージの文例について

・株式を上場されたこと、誠におめでとうございます。栄えある今日の日を迎えられたことを心よりお喜び申しあげます。今後ともますますのご発展とご隆盛を祈念し、祝辞を述べさせていただきます。

・株式上場の由、おめでとうございます。御社の今後、ますますのご発展を祈念いたしております。

・株式上場の由、おめでとうございます。今後ますますのご繁栄をお祈りいたします。

・株式上場のご祝典、誠におめでとうございます。皆様のご努力により、ゆるぎないご盛業にあられますことは、喜ばしい限りと存じます。今後ますますのご躍進を心よりお祈りいたします。

・株式上場をお祝い申しあげます。

・株式上場を祝し、ご発展を祈ります。

・株式上場を祝し、ご繁栄を祈ります。

電報とは

携帯電話やスマートフォンが常識となっている現代では、普段の生活で電報を使うことはほとんどありません。

しかし、冠婚葬祭においては、今なお電報を利用することは一般的です。申し込み方法としては、「115番」に電話して予約する方法とインターネットから予約する方法の2種類があります。

最近では、予約する時間を気にせず利用できるインターネットからの予約が主流となってきています。

贈るには?

電話をして贈る場合は、115番にかけます。

受付時間は8時~22時で、受付後2~3時間後に配達されるのが一般的です。

日付があらかじめわかっている結婚式などの場合、配達は1か月前から予約できます。

予約時に必要となるのは、

・届け日

・相手の名前

・送り先の住所

・あなたの名前

・あなたの電話番号

・送る祝電文章

になります。

台紙の種類について

最近の電報は、祝電台紙もぬいぐるみやフォトフレームなどさまざまな種類があります。贈る相手が好みそうなものを贈ってあげると、喜んでもらえるでしょう。

料金について

「メッセージの文字数」と「台紙」代を合わせた料金が電報料金となります。そこにオプションで花などを追加するとその分が加算されるしくみになっています。

たとえばメッセージ文字量が38文字で差出人の名前が4文字の場合、合計42文字で1071円となります。

基本的に5文字ごとに料金は高くなり、一般電報よりも慶弔電報の方が割高になっています。さらに夜間配達などの指定をするとプラス料金がかかってきます。

配達時間について

冠婚葬祭で電報を利用する場合は、送り先に届く日時が間に合わなかったり間違えてしまうのは論外です。

早めに予約しておくべきですが、急な訃報などの場合にそなえて、基本的な受付時間と配達時間を覚えておきましょう。

8時~19時までの受付は当日配達、19時~22時までの受付は翌日の午前8時以降の配達となります。

インターネットからなら24時間受け付けているので便利です。

「贈り物とお返しのマナー事典」より

「NTT東日本 D-MAIL」より

「NTT西日本 D-MAIL」より

お祝いだるまの紹介について

花以外の上場祝い

株式上場のお祝い品

祝上場のお祝い品

上場記念の贈り物

上場記念の贈答品

一部上場のお祝い品

上場記念品

株式上場祝いのプレゼント

 

記事のカテゴリー別の一覧

上場祝いのマナー

上場祝いのメッセージ